佐賀大学医学部 麻酔・蘇生学教室

0952-34-2324

手術部

<div class="surgeryunit-document">
<h3 id="surgeryunit-message">手術部からのメッセージ</h3>
<p style="text-align: left;"> 佐賀大学医学部附属病院の手術部は10部屋の手術室で運営されておりましたが、病院再整備により2015年夏から14部屋に増設されました。緊急手術(全体の13%)で、地域医療機関からの転送や当院救急部受け入れ直後などの急を要する症例も少なくなく、佐賀医療圏の“最後の砦”としての役割を果たしていると自負しています。
現代の医学の進歩はめざましく、佐賀大学手術部でも新しい内視鏡手術や血管内治療など10年前には想像できなかった治療法が日常的に行われるようになりました。これまでの方法よりも患者さんへの負担が少ない形で治療を行うことが可能となっています。このような先進医療を事故なく行うには、特殊な器械や手術室、専門知識を持った医療スタッフが必要で、当院手術部でも麻酔科医・看護師・臨床工学技士・放射線技師・検査技師などが患者さんの安全や外科医のスムーズな手術をサポートしています。
限られた手術室やマンパワー(人手)をフル活用して、すべての患者さんに安全で高度な手術を受けて頂くためには効率よく手術室を運営する必要があります。人や物が不足しているために、手術が手遅れになるというような事態は何とも避けねばなりません。そのために<span style="text-decoration: underline;"><span style="font-size: small;"><strong>当院で手術をお受けになる患者さんやご家族にもお願いがあります。</strong></span></span>
ご自身(ご家族)の病気や健康状態、飲んでいる薬などについて日ごろからよく理解して、手術の際には医療スタッフに正確にお伝え下さい。それは手術の際のトラブルを防いで不必要な追加治療を行わずにすむための第一歩となります。また、ご自身の生命を守るだけでなく、他の患者さんにも必要な治療を早く安心して受けて頂くことにもつながっていきます。地域のすべての患者さんの健康を維持するために、皆様のご協力をぜひともよろしくお願いいたします。</p>

<h3 id="who_receive_surgery">手術を受けられる方へ</h3>
<strong>手術を承諾される前に必ずお読みください。
なお、貴方の麻酔に関しては手術前日に麻酔担当医からご説明致します。</strong>

麻酔は、手術に伴う痛みと不安を緩和し、筋肉の緊張をとって手術が円滑に行える状態にするとともに、手術によって生じる様々な反応を調節することによって呼吸や循環、体温を維持するために必要です。
しかし、手術に様々な危険がともなうように、麻酔にも危険がともないます。近年、麻酔の安全性はかなり向上しましたが、100%安全ではありません。
全身麻酔では酸素の通り道を確保するために気管の中に管を入れます。この操作にともなって、歯がぐらぐらしたり、抜けたりする可能性があります。
またこの管の影響で、のどの痛みや声のかすれが数日続くことがあります。局所麻酔(脊椎麻酔、硬膜外麻酔)
では、頭痛が残ったり、尿が出にくくなることがあります。また、術後も下肢のしびれが続いたり、動きにくくなるということも稀ですが起こります。その他、吐き気も見られます。
さらに、もっと重大な事態も発生します。麻酔専門医が勤務している我が国の病院における統計によりますと、手術室における心停止、低酸素、極端な低血圧の発生頻度は、1万人あたり各々7,8,19人です。このうち麻酔が原因の心停止、低酸素、極端な低血圧の発生頻度は各々1,4,5人です。このような手術室において発生する事態のために死亡する頻度は1万人に7人ですが、麻酔が原因で死亡する頻度は1万人に0.2人、つまり5万人に1人となっています。
麻酔科医はこのような事態の発生をできるだけ回避するとともに、異常事態を可能な限り早期に発見し、適切迅速な対処を行うように努めています。

</div>

麻酔科医とは

麻酔って眠らせることですか?

手術を受けるとき、麻酔は欠かせない医療行為です。
麻酔とは、手術が行われている間、単に痛みをなくしたり眠らせたりすることではありません。あなたの体が手術に最もよく耐えられるようにあなたの体の状態を保つことです。

麻酔科医ってどんな人?

麻酔科医は、あなたの体の状態、受ける手術の種類などから判断して最適と考えられる麻酔法を決定し、その方法で麻酔を行います。手術中は、あなたの体の状態に絶えず気を配りながら、手術が安全かつスム-ズに進行し、終了するよう監視しています。
手術室で、麻酔科医はあなたの体を手術中最適な状態にしておくためにあらゆる医学的知識を総動員させて、さまざまな医療処置を行います。
あなたの生命に直接関わる機能、たとえば呼吸、心拍数、血圧をコントロールしたり、それらが大きく変動することがあらかじめわかっている場合には、それを抑制するような処置も行います。
このように、麻酔科医はあなたが手術中や手術後の回復の段階で、生じるであろうさまざまな医学的問題を即座に診断し、適切な処置を行える専門医なのです。

麻酔科医が活躍する場所は、手術室内だけではなくその外にまで広がっています。たとえば・・・・・

一般病棟では治療・看護が困難な危機的状況に直面している患者さんを安定した状態に回復させるのを助けるために集中治療室(ICU)でも働いています。
出産に際しては、麻酔科医は二人の人間を管理しています。つまり母親と、赤ちゃんという二人の生命機能を管理しながら、母親の痛みを和らげています。
麻酔科医は、痛みの治療にも携わっています。それは単に痛みを和らげるだけでなく、急性痛から慢性痛にいたるまでその診断の段階から関わっているのです。

麻酔担当医はどうやって決められるのですか?

一般的には、あなたの手術を担当する外科医からのあなたの現在の病状、それから入院時にお尋ねしたあなたの個人的な情報、あるいは以前に受けた手術時の麻酔の経験に基づい担当の麻酔科医が決められます。
麻酔担当医はあなたの満足度と安全度ができる限り高く維持できるように手術中の医療行為を責任を持って行いますので、手術の前に麻酔科医と会っておくことが大事です。

術前訪問は何のためにするのですか?

麻酔と手術はあなたの全身の状態に影響を与えます。ですから、担当麻酔科医ができるだけ詳しくあなたの状態を知ることは大切なことです。術前訪問の際に、麻酔科医は注意深くあなたの現在の状態や過去の病歴などを医学的に評価します。
また最近の服薬状況や、別の医療機関で受けた治療などについてもお尋ねします。
さらに麻酔科医は、あなたが受ける手術に関連したさまざまな処置について説明し、どのような麻酔法を選択するのかをそれぞれの利点と欠点の説明を交えて相談します。さらに必要に応じて術前に検査と投薬の依頼を行います。
術前訪問は原則として、手術前日の午後に行いますが、月曜日の手術のときは、週末に訪問します。

麻酔にはいろいろな種類があるのですか?

麻酔法には大きく分けて2つの種類があります。全身麻酔と局所麻酔です。

全身麻酔では、あなたの意識はなくなります。眠っている間に手術が始まり、眠っている間に終わります。
マスクを口と鼻にかぶせて深呼吸をしているうちに眠ってしまう吸入麻酔と、静脈に注射をして麻酔を行う静脈麻酔の2種類の全身麻酔法があります。
全身麻酔では、眠った直後から、口や鼻から挿入された管を通じて人工呼吸により、呼吸の維持・管理が行われます。

局所麻酔では、手術を行うのに必要な部分だけが麻痺するようにそれに関係する神経が集まっているところに麻酔のための薬を注入します。目はさめています。場合によっては気持ちが落ち着くような薬が使われることもあります。
手術の内容によっては手術する部位の皮膚や組織に局所麻酔薬を注入してだけを麻痺させるだけで手術が可能なこともあります。
局所麻酔法には、脊椎くも膜下麻酔、硬膜外麻酔、伝達麻酔、局所麻酔などがあります。このうち麻酔科医が直接行う局所麻酔法は、脊椎くも膜下麻酔と硬膜外麻酔です。近年は超音波装置を用いた伝達麻酔を行う頻度も増えてきました。
麻酔科医は、あなたの希望にも可能な限り添えるように考慮ながら、あなたに最も適した麻酔法について手術を担当する外科医とよく相談します。
麻酔法の選択は麻酔科医による術前訪問の際に決めます。

手術中は麻酔科医は何をしているのですか?

麻酔科医は手術前、手術中、手術後(周術期といいます)を通してあなたの状態を最適に保つためのあらゆる医療行為を責任を持って行っています。手術室内では麻酔科医はあなたの麻酔を行っている間中、心拍数、血圧、心拍のリズム、体温、呼吸などの生体機能を管理しています。麻酔科医は、必要に応じて輸液や輸血も行います。麻酔科医はあなたが手術を受けている間中あなたの全身の状態を最適に維持できるように一時も離れず、管理しています。

手術を受ける人はしばしば他にも何らかの治療が必要な疾患を合併しています。たとえば、糖尿病、喘息、高血圧や不整脈等の心疾患などです。
術前の評価により、麻酔科医はそれらの問題に注意を払い、周術期全般にわたりそれらをよく管理します。

手術中、継続的に医学的管理を行うことはあなたが早く回復するのに必要なことです。麻酔科医は医師として手術そのものに関連した突発的な問題への対処だけではなく、あなたが持っている慢性的な疾患や症状についても手術中に適切な対応が取れるように特別に訓練を受けています。これは麻酔科医が内科や集中治療においても強力なバックグラウンドに基づいた教育を受けているからです。

手術後はすぐに病室に戻るのですか?

麻酔担当医は、リカバリールーム(回復室)でのあなたのケアにも責任があります。そこでは、麻酔科医は特別に教育されたスタッフを指揮して、麻酔の影響がなくなったかどうかをあなたの全身状態や、バイタルサインをモニターして確認します。その結果を元にリカバリールームを退室できるかどうかを決定します。

だれでも手術や麻酔を受けるときは不安を感じます。もしあなたがよく説明を受け、どんなことが起こり得るかを知っていれば、より多くの準備ができますし、リラックスできます。麻酔科医とよく話をしてください。質問もしてください。あなたが受ける麻酔についてあなたが持っているどんな小さなことでもよく話し合ってください。

麻酔科医は、あなたの擁護者としてそして周術期管理の専門医として、あなたの手術とその後の回復過程をできる限り安全にかつ快適に経過するように見守りつづけています。

ページTOPへ