佐賀大学医学部 麻酔・蘇生学教室

0952-34-2324

卒後臨床研修

<div class="training-document">
<p>1996年、学生の臨床麻酔教育にいち早く高機能患者シュミレータを導入し、血管確保、気管挿管などの体験型実習やPBL(Problem-based learning)、臨床実技試験(OSCE)などを組み合わせ、教育内容の充実を図っている。
実習後は学生からの評価や意見を聴取し、実習内容の改善に役立てている。</p>
<ul class="training-sign">
<li>
<dl>
<dt>学生実習(麻酔シュミレーション)</dt>
<dd><img src="/wp-content/themes/saga-u_anesthesiology/images/contents/students/training/ph01.jpg" alt="学生実習(麻酔シュミレーション)" /></dd>
</dl>
</li>
<li>
<dl>
<dt>臨床入門</dt>
<dd><img src="/wp-content/themes/saga-u_anesthesiology/images/contents/students/training/ph02.jpg" alt="臨床入門" /></dd>
</dl>
</li>
</ul>
</div>

初期臨床研修

麻酔科蘇生科(初期臨床研修)

プログラム指導者 麻酔・蘇生学 教授 坂口嘉郎
麻酔科蘇生科指導医 麻酔・蘇生学 准教授 平川奈緒美
手術部指導医 手術部 准教授 髙松千洋
集中治療部指導医 集中治療部部長 坂口嘉郎
緩和ケア指導医 地域包括 佐藤英俊(准教授)

初期研修

Ⅰ- 1.必修研修

GIO(一般学習目標)

1 バイタルサインや他の理学的所見から病態を把握し、緊急を要する病態に対して適切な対応ができる。
2 安全管理の方策を身につけ、医療事故防止の対処について行動できる。
3 患者および医療従事者にとって安全な医療を遂行し、納得できる医療を行うためのインフォームド・コンセントが実施できる。
4 すべての臨床医に必要な知識、技能を習得し、チーム医療の一員として患者の持つ問題を心理的、社会的側面をも含め全人的に捉えて、適切に解決し、説明、指導する能力を身につける。

SBO(個別学習目標)

1 医師として最低備えるべき診断技術、医学知識を身につける。
2 術前回診において心電図解析、X線写真の読影、検査結果の解析を行い手術直前の患者の状態を把握する。
3 予定される手術術式の内容を十分に理解し、患者の状態を考慮して、麻酔方法の選択、術中管理計画をたてる。
4 麻酔前投薬(鎮静剤、鎮痛剤、ベラドンナなど)、吸入麻酔薬、静脈麻酔薬、筋弛緩薬、鎮痛薬(麻薬を含む)、心血管系作動薬の薬理作用を理解し述べることができる。
5 全身麻酔法、麻酔器の構造、取り扱いを理解し、始業前点検を行うことができる。気道確保、気管挿管、人工呼吸器などの臨床的技術を会得する。
6 自然呼吸、人工呼吸の差異を生理学的に理解し、調節呼吸、補助呼吸が行える。
7 術中に、刻々と変化する患者の状態を的確、迅速に把握し、早急に対応できる技術を身につける。
8 硬膜外麻酔、脊髄クモ膜下麻酔、伝達麻酔などの局所麻酔法について特徴、利点、欠点、適応を説明でき、解剖学的な面より麻酔法の手技を習得する。
9 局所麻酔薬中毒の発見、予防、処置ができる。
10 末梢静脈、中心静脈に輸液ルートの確保ができ、輸液、電解質、酸塩基平衡、輸血の適応について説明、計画実行ができる。
11 チーム医療に大切な、他の医師、コメディカルと協調できる習慣を身につける。
12 救急蘇生法の手技に習熟し、処置が確実に行える。
13 緩和・終末期医療を必要とする患者とその家族に対して、全人的に対応するために、心理的社会的側面への配慮ができるとともに基本的な緩和ケアができる。臨終に際して適切な対応ができる。
Ⅰ- 1. 選択研修 (2~4ヶ月)

Ⅰ- 1.に準じる。希望により下記の教育関連施設でも研修可能。

教育関連施設

佐賀県医療センター好生館麻酔科
国立嬉野医療センター麻酔科
佐賀中部病院麻酔科 他

7:35~8:00 モーニングカンファレンス
15:00 病棟回診
17:00 抄読会 術前患者合同カンファレンス 抄読会
チーフレジデント・スーパーバイザーとの翌日の手術症例検討

ページTOPへ