佐賀大学医学部 麻酔・蘇生学教室

0952-34-2324

研修医の声

初期研修医1年目 S先生

若い先生方が多くてびっくりしました。医局の雰囲気がとてもよく助け合って仕事をしているのが印象的でした。

初期研修医1年目 K先生

麻酔科研修でまず感じたことは、病棟では受持患者をじっくり診ていくのに対し、術前術後・手術という短い時間で問題点を把握し、改善しなければならないという点です。刻々と変化する循環動態の原因を考え、対処するのが難しかったです。

そして麻酔の導入から維持・覚醒まで任される、様々な手技をさせてもらえるという点は、恐怖感はあるものの、貴重な財産となる経験をしたと思います。

1年目に3ヶ月間じっくり麻酔科研修をすることができてよかったと思っています。

初期研修医2年目 Y先生

正直、学生の頃は麻酔が何なのか、どんなことをしているのかわかりませんでした。

漠然と、呼吸を管理し、急変にも対応する、単純に「すごいなぁ」という感覚はありました。研修医の選択ローテでは、絶対に回ろうと決めていたので今回選択させていただきましたが、基本的なバッグマスク換気や、spinal挿管などの手技を経験できたことは、本当によかったと思います。初めは挿管もできず落ち込んだりしましたが、除々にコツをつかんでいくのが楽しかったです。
急患などが続くと、とても忙しい科でしたが、皆で助け合っているのがよくわかりました。
2ヶ月間ありがとうございました。

初期研修医2年目 T先生

私は2年目ローテートの最後の2ヶ月が麻酔科だったわけですが、何となくできているつもりだったことが実はできていなかったり、気付かされたことや学んだことが数多くありました。

救急でマスク換気の経験があっても、実はバッグを押しているだけで気道確保が不十分ということが多々あったのではないかと思います。これは麻酔科を回って基礎から教えてもらわなかったら気付かなかったことだと思います。将来、麻酔科医にならなかったとしても、ローテートで麻酔科を選択することは、非常に有意義ですし、選択をしておいて良かったと実感しています。

ページTOPへ